じんましんや皮膚疾患に「アタラックス」

アタラックスはじんましんに効くってホント!?じんましん以外にはどんなものに効果があるのか? - じんましんや皮膚疾患に「アタラックス」

じんましんや皮膚疾患に「アタラックス」

誰でも急にじんましんになってしまったり、またかゆみや赤みなどの皮膚疾患を起こすこともあります。ときには発熱を伴なうなど、皮膚以外にも症状が発症するけーすもあって、たかが皮膚の病気だとあなどれません。

じんましんの原因とは

kuykuyfこうしたじんましんや皮膚疾患によく使われるようになったお薬が、アタラックスなのです。
しかし、そもそもなぜじんましんを引き起こしてしまうのでしょうか。
じんましんは、最初は小さな赤みやかゆみがでてきて、そのうちに全身にかゆみや発疹が広がっていくのが特徴です。さらにじんましんも広がる速度に違いがあり、1ヶ月以内でおさまるようなじんましんは急性蕁麻疹、それ以上続く場合には慢性蕁麻疹と呼んだりします。
なおじんましんは、他の人にうつるものではありません。ただし、親から子へ蕁麻疹が起こりやすくなる体質は遺伝で移ることがあるそうです。アレルギーによって起こるじんましんは、親から子へ遺伝することもあるそうです。
アレルギー反応はたべものによっても起きますし、また他の要因でもおこるので、かなり対処は大変です。なるだけじんましんの原因にちかづない、さわらない、受け付けない、身近におかないなどの対処をしていくことが必要となっています。もともとアレルギーがあるのかも知らない人も多いので、自分の体質を知っておくことや親などのアレルギーも知っておくことも、じんましん予防には必要ともいえるでしょう。

じんましんのかゆみの原因は

じんましんになると、悩むのがかゆみです。掻いてはいけないとわかりながら掻いてしまい、さらに皮膚を悪化させてしまいます。なお、かゆみで睡眠不足になってしまったり、ときには寝ている間に掻いてしまい、悪化させるケースもあります。
こうしたかゆみの原因としては、皮膚の中の細胞からヒスタミンと呼ばれるかゆみを誘発させる物質がアレルギー反応などで出てしまうことにあります。そして、ヒスタミンが皮膚の神経を刺激してしまい、それがかゆみとなっていくのです。

アタラックスの効果とは

アタラックスはこうしたかゆみの原因であるヒスタミンに働きかけらお薬です。ヒスタミンの働きを阻害して、それによりかゆみやじんましんを抑えていこうというものです。アタラックス、抗ヒスタミン剤と言われています。
なお、アタラックスは第1世代の抗ヒスタミン剤とよばれており、1950年代から世界中で使われている古いおくすりでもあります。
すでに半世紀もつかわれているので、それだけ効果は実証済みです。またアタラックスは子どもにも使われたり、高齢者にも使われています。もちろん子どもや高齢者だと、量を減らしたりまた、飲み方もカプセルやシロップを使うと言うように飲みやすさも工夫されています。とはいえ、広い世代にも使われていますから、副作用もありますが効果は高いと言えるでしょう。

副作用があるので

残念ながら、薬にはどんなものでも副作用があるので気を付けることは必要です。それはアタラックスも例外ではありません。アタラックスは、神経にも働きかけてかゆみを抑える鎮静作用があるのですが、それが眠気の誘発にもなってしまいます。
なので飲んだあとは車の運転や作業に注意をしなければなりません。また、子どもだと強く出てしまい、学校を休ませることもありえます。副作用は飲んでみないとわからないこともあるのも厄介ではあります。効果を確認しながら、副作用にも気を付けていきましょう。

アタラックスをつかってみよう

とはいっても、アタラックスは古い薬ですが、今でもじんましんや皮膚疾患につかわれるので、それだけ信頼できるお薬には間違いないでしょう。

新着情報

◆2016/11/25
じんましんや皮膚疾患に「アタラックス」の情報を更新しました。
◆2016/11/25
当サイト更新担当者の情報を更新しました。
◆2016/11/25
アタラックスの飲み方も知ることが大事の情報を更新しました。
◆2016/11/25
アタラックスに向いている人、向いていない人とはの情報を更新しました。
◆2016/11/25
じんましんに使えるアタラックスの入手方法はを新規投稿しました。