じんましんや皮膚疾患に「アタラックス」

アタラックスはじんましんに効くってホント!?じんましん以外にはどんなものに効果があるのか? - じんましんのためにアタラックスを飲んだら副作用が心配

じんましんのためにアタラックスを飲んだら副作用が心配

じんましんが出たときには、薬を使った治療となります。はやく治したいものです。
そのままにしていると、見た目にも気になってきますし、また、症状が悪くなることもしばしばあるからです。

じんましんもあなどってはいけない

じんましんも最初はちょっとかゆいくらいかなと思っていたら、急に赤みやかゆみがひろがったりします。また肌もかさかさになってしまったりして、見た目にも大変になったりします。
時には発熱をしたり、また全身などに広がったり、鼻の中や喉の中まで広がり、呼吸が苦しくなったなんてケースもあるくらいです。
じんましんもあなどってはいけないのです。

アタラックスで治療

アタラックスもじんましんに効くとして広く利用されています。
しかし、残念ながら副作用もあるのです。とはいっても、多くの病院で使われるので、安心できるお薬には変わりはありません。
アタラックスの副作用としては、眠気があります。もしもうつ病の治療のために飲んだときには、いい効果、メリットといえるのですが、じんましん治療では、副作用、デメリットと言えます。また倦怠感などもでやすいので、仕事や家事に影響もでやすいです。
大抵はあとは、口の乾きくらいで、大きな副作用は出にくいです。
一応、大きな副作用はとしては、アナフィキラシーショック、手足の冷えやしびれ、めまい、吐き気、食欲不振、黄疸、発熱、不整脈、胸の痛みなどといったことがあげられます。

アタラックスの体験談を読むと

アタラックスを医師からもらうときには、医師の話を聞いておくといいでしょう。もしも個人輸入のときには、アタラックスの体験談を読んで、副作用についても調べておくといいでしょう。
まずは、少な目の量で1~2回飲んでみて様子を見てから本来の量にするのも副作用のリスクを回避する方法と言えるでしょう。

関連する記事