じんましんや皮膚疾患に「アタラックス」

アタラックスはじんましんに効くってホント!?じんましん以外にはどんなものに効果があるのか? - アタラックスの飲み方も知ることが大事

アタラックスの飲み方も知ることが大事

男性でも女性でも、じんましんになってしまうことがあります。意外とその原因もはっきりしないことも多いものです。とはいえ、今だと塗り薬とは別に飲み薬で、かゆみを抑えたり、症状の改善荷へと繋がっていきます。
■アタラックスの飲み方とは
アタラックスもよく病院から処方されるお薬です。
しかも、子どもにも処方されるお薬です。幼児でもつかっていますし、高齢者でも使われるお薬です。幼児や高齢者の場合には、たとえば量もすくなめにしたり、飲む回数を減らすといったコントロールをすることもあります。副作用で眠気がでるので、幼児はもちろん子どもの場合には、学校などに影響することもあります。
時には、学校を欠席することも検討が必要になることもあります。
■アタラックスの飲み方は
こうした副作用も知っておくと、実はアタラックスを飲むときには夜だけにするというのも、1つの飲み方とも言えます。
また、飲みやすくするためにシロップタイプの薬を使うというのもよくある話です。
シロップタイプで飲む場合と錠剤タイプで飲む場合には、量が変わってくるので、処方された量を確認してから飲むようにしましょう。
なお、通常は食後に2~3回に分けて混むことが多いです。眠気が出やすいので夜も寝る前にというケースもよくあります。
なお、もしも飲み忘れたときには、次の回の飲む分とまとめて、量を増やして飲まないように注意しましょう。飲み忘れたときには、次の回から飲むようにしましょう。時間もしばらく空けてることも、体に負担をかけるのを防ぐことになるので、間をしっかりと空けるようにしましょう。
■飲むときには
最後に飲むときには、水か白湯で飲みましょう。しっかりと飲むためにも、水や白湯の量もしっかりととりましょう。

関連する記事