水没させてしまったiPhoneからデータを取り出してほしい!

iPhoneを水没させてしまった・・・データを取り出すことは可能なのか? - 水没iPhoneはなぜ壊れる?

水没iPhoneはなぜ壊れる?

今やiPhoneは、どこに行くにも欠かせない存在になっていますね。
通信環境も昔と比べてかなり整っており、Wi-Fiなどもあるので、外国でも使えます。
行楽シーズンには大活躍です。
そうやって、海や水のあるテーマパークなどに持っていって、うっかりと手を滑らせて水に落としてしまい、iPhone水没…なんてこともよくあることです。
そもそも水没すると、iPhoneはなぜ故障するのでしょうか。

水没による故障の原因

iPhoneも精密機械ですから、外側から見ればただの箱のようでも、中にはすごく複雑な電子回路などが組まれています。
そこに水が入ると、電気が流れているため、ショートして極端な負担がかかってしまい、回路が焼ききれたりします。
また、基盤などに水がついて、それが長いこと保持されると、基盤の金属部分が錆びたりしてしまい、正しく電気が通らなくなってしまいます。
それによって、回路が正しく働かなくなり、機械が動かなくなる、というのが大きな原因です。

データは無事

水没させてしまえば、機械はダメになりますが、データ自体が消えてしまうわけではありません。
あくまでも壊れるのは機械を動かすための回路であって、その中にあるデータなどにアクセスする手段がないわけではありません。
そのデータを救出してくれる業者もあります。

水没させてしまった後の対処

iPhoneを水没させてしまったら、そういう業者に頼んでみるのが一番確実な方法です。
まずは、落ち着いて対処をしましょう。
海水に落としてしまった場合は真水で洗いましょう。
内部に入り込んでしまった水を出すために、ボタン部分など、外部と繋がりがある部分を下にして干しましょう。
その後、そのiPhoneを業者に送ってください。

まとめ

水没させてしまったiPhoneからデータを救い出すことは可能なので、慌てず、落ち着いて対処しましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »