水没させてしまったiPhoneからデータを取り出してほしい!

iPhoneを水没させてしまった・・・データを取り出すことは可能なのか? - 水没浸水したかなと思ったら。

水没浸水したかなと思ったら。

スマホを水没させてしまった経験がある人は少なくはないはずです。
水没させてしまったときのショックはすごく大きいですよね。
日本では、携帯を持っている人の7割近くの人がiPhoneを使っているそうです。
これだけ多くの人が持っていると、すごく手軽に見えて、iPhoneも湿気に弱い精密機械だということをついつい忘れてしまいます。
そうやって、お風呂やトイレに持ち込んだり、水気のある台所などで使ってしまったり、と、日常生活の至るところに、iPhone水没の危険はありふれています。
うっかり手を滑らして、水の中にiPhoneを落としてしまった!
そんなとき、どうすべきか、知っておいてください。

すぐにできること

多少水がかかったくらいなら、その水を拭き取れば大丈夫です。
ガッツリと水の中に落としてしまった場合は、まず、内部に入ってしまった水をできる限り外に出すため、音量ボタンを下にして干しましょう。
もし、落とした水が、真水ではなく、海水など塩分を含む水などの場合、腐食が真水よりも早いため、まずは真水で洗い流してください。
それから、先程と同じように干します。
これを、業者さんにデータの救出をお願いする前に自分でやっておきましょう。

早めの対処が重要

水没や浸水しても、少量なら、その場では故障に至らないときがあります。
ただ、内部に水が入ってしまっていると、その時は大丈夫でも時間がたってから故障に至る可能性もあります。
そうならないためにも、「あれ、ちょっと水かかったかな?」と怪しいときは、先述のような対処をおすすめします。
あとは、なるべく防水用の入れ物に入れるなどして予防しましょう。

まとめ

水没や浸水したときの対処法はしっかりと覚えておきましょう。
また、怪しいなと思ったら、干してみましょう。

  « 前の記事: を読む